シャトー・クリネ 750ml [2011]

シャトー・クリネ 750ml [2011]

シャトー・クリネ [2011]750ml

除草剤やトラクターの使用を極力減らし、可能な限り手作業でブドウを育てる方向に切り替えた結果、ふわふわとした健康な土が蘇った,even in the lighter,750ml [2011] シャトー・クリネ,また、セカンド・ブランドのフルール・ド・クリネは、ソフトな口あたりが特徴的で、瓶詰め直後から楽しめるため、ポムロールへの入門ワインとして最適である,Chateau Clinet / シャトー・クリネ,ポムロールで最上のテロワールを誇るクリネのポテンシャルが余すことなく体現されている,彼は既存の概念を打ち破り、グリーン・ハーヴェスト、除葉、ブドウの生理学的熟成を目標とした遅摘み法を確立し、カベルネの比率を下げた,1haあたり約6,Wine Advocate Issue Date 30th Apr 2014 Robert M,Brilliant

こちらの年間生産数は約500〜1,ブドウの受け場を新たにデザインすることにより、選果のレベルも格段に上げ、今では最高の房しかセラーに入り込めない,その功績が称えられ、アルコートはワイン評論の世界的権威から2度も『ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー』に選出され、1989年ヴィンテージのクリネは満点評価を獲得した,less consistent vintage of 2011,Full-bodied,600本のブドウの樹が植えられ、20-25hl/haという低収量のメルローも見受けられる,ポムロールを代表する名門シャトー,プラムやブラックベリー、ブラックカラントが層をなす果実は柔らかく、シルキーなタンニンが余韻に心地よい,black currant and blackberry fruit intermixed with licorice,95 2014 - 2034,[2011] 750ml シャトー・クリネ

木樽にて発酵後、ワインの熟成には新樽(約50%)、1年落ち樽(約40%)、ステンレスタンク(約10%)が用いられる,ワインアドヴォケイト:95点,Parker,dramatic 2011 should drink well for 15-20 years,000ケース,1999年、シャトーの所有権はラボルド家の手に渡り、更なる品質向上の時代を迎えた,清澄、濾過なしで瓶詰めされるワインの年間生産数は約3,[2011] シャトー・クリネ 750ml,既に19世紀には確固たる名声を得ていたシャトー・クリネ,Clinet has produced a blockbuster wine,incense and a touch of camphor,シャトー・クリネ [2011]750ml

シャトー・クリネ 750ml [2011],It reveals a dense purple color as well as an abundance of black cherry,this showy,500ケースである,ブドウ畑では、将来を見据えた再植プログラムの下、より環境にやさしい栽培法を適用,2人の優良ヴィニュロンが原料を提供している,現在シャトーは約9haの畑を所有し、『ル・グラン・ヴィーニュ』、『ル・アルジル』そして『ル・プラトー』という、ポムロム村に住む者なら誰もが羨む区画から素晴らしいブドウを生み出している,シャトー・ペトリュスのオーナーであったアーノー家の手に渡るまでコスタン家の所有であり、1980年代初頭にジャン・ミッシェル・アルコートの出現により、劇的な進化を遂げる,opulent and fleshy with a substantial finish,既存のセカンドの概念を超える独自のスタイルの確立を目指し、2006ヴィンテージからこのフルール・ド・クリネには、専用のブドウが使われ始めた,シャトー・クリネ [2011] 750ml,黒系果実やスパイス、ダークチョコレートの美味なる香り

シャトー・クリネ 750ml [2011]
シャトー・クリネ 750ml [2011]